パントマイム:ムーンウォーク・ロボットのやり方

パントマイム基礎講座!パントマイムテクニック47の秘訣!

◆パントマイムコラム

 神雅喜のパントマイム気まぐれコラムです♪

⇒ヘブンアーティストとは?東京都公認ヘブンアーティストについて

⇒ヘブンアーティストは指定場所の活動に限ります

◆ヘブンアーティストとは?東京都公認ヘブンアーティストについて

 あなたはヘブンアーティストライセンスをご存知でしょうか?

 受講生の中には本気で芸の道を歩もうとしている真剣な方も以外に多いので、今日はヘブンアーティストライセンスについて、ちょっとご説明しておきますね。

 先日、私は井の頭公園でストリートをやっているってお話しをしました。

 これは実は「ヘブンアーティストライセンス制度」の関係もあったりします。

 ヘブンアーティストとは、東京都で以前都知事をなされていた時に石原慎太郎氏が創設したライセンス制度です。

 ヘブンアーティストについて簡単にご説明します。

 ヘブンアーティストライセンス制度では、まず東京都内の路上で頑張っている大道芸人に対し、所定のを審査を行います。

 その審査に合格した大道芸人には

 「東京都認定!」

 という名目でヘブンアーティストライセンスを発行する制度のことです。

◆ヘブンアーティストは指定場所に限ります

 ヘブンアーティストライセンス制度の設立の目的は、

 「質の高い大道芸人の育成」

 という目的もあり、ライセンス取得にはオーディション審査に合格する必要があります。

 そしてこのライセンスを取得すると、ヘブンアーティスト制度の指定場所に限り、「東京都公認」という看板を引っさげて、大道芸が出来ることになります。

 これは言わば、「大道芸人ライセンス」のようなものですね。

 但し、このライセンスの維持に関しては、「指定場所において実際にパフォーマンスを継続的に行っていること!」という条件があります。

 ですから、ライセンス保持者は、指定された場所で定期的に実演をする必要がでてきます。

 尚、そんなお墨付きはいらん!

 と言うパワフルな方もいるでしょうが、これから本気で

 「芸一本で食っていく!」

 と思われているような方は、ヘブンアーティストライセンス取得に挑戦してみる!

 って考えもアリかもしれませんね。

 どのような分野でも資格は持っていて損するような事はないかと思います。

 全く使いようのない資格であっても合格する為に勉強したり努力した時間は、いつの日かきっとどこかで生きてくる。

 私も、このようにプラス思考で考えながら日々成長していきたいと思います。

◆MENU